抗うつ剤の副作用でのEDには夜のバイアグラ

抗うつ剤などの向精神薬の副作用で性欲が低下したり、性機能障害になる場合があります。これは、抗うつ剤がセロトニンの受容体を刺激してしまうためだといわれています。
また、アドレナリンも受容体を遮断してしまう作用があり、血圧が下がって血流が悪くなるために勃起しにくくなってしまいます。
夜空が見える窓薬の効き目は服用してから数時間がピークであり、その後少しずつ低下していきます。そのため、夜には回復する可能性もあります。このように、服用時間を調整してみるのも一つの方法です。
また、バイアグラは、このような勃起不全などに効果を発揮するお薬です。認知度も高く、処方実績も多いことが特徴です。
日本の厚労省で許可をうけているED治療薬なので、安心して服用することができます。服用してから30分後くらいから効きはじめて一時間後がピークになります。
十分な効果は3~6時間ほど続きます。一日一回性行為前に服用すると効果的です。飲み方は空腹時に服用すると効果的です。
空腹時に服用することで、有効成分が血液に吸収されやすくなるためです。どうしてもタイミングが合わない場合は、食後二時間後ぐらいを目安に服用するとよいでしょう。
このバイアグラの有効成分はシルディナフルと呼ばれ、成分含有量で25mgや50mgと呼び名が変わってきます。
また、勃起不全以外にも効果があり、難病指定されている病気にも使われています。バイアグラは血流を改善して勃起を促進するためのお薬です。
精力剤や性的な興奮を増大させるような効果はありませんので、注意が必要です。
このように、EDの治療にはバイアグラが有効であることがわかります。上手に利用することで、夜の生活の悩みも解消されます。