サイトの更新情報

バイアグラとは?

ED治療薬で一番人気があるのはシアリスですが、現在でもバイアグラが一番合っているという方は少なくありません。
その理由として知名度、優れた勃起力、値段の安さなどがあります。
世界的なシェアを見るとシアリスがNo.1ですが、日本ではまだまだバイアグラの知名度は非常に高いものがあります。
勃起力の鋭さにおいてもレビトラやシアリスのように鋭く、本当に若者時代に戻ったと錯覚するほどです。
価格は1錠1,500円くらいであり、薬1錠の価格として考えると決して安くはありません。
薬を飲んで健康になろうとしている男性しかし、レビトラやシアリスは1,700円以上するのが普通であり、今となってはバイアグラも割安感があります。
こうした理由によりバイアグラが支持されているわけですが、もちろん医師から支持されて飲んでいる方もいます。
基本的にED治療薬というのは、自分で飲みたい薬を選ぶことはできません。
医師が処方してくれる薬を飲んで、その経過を見ながら今後の対策を考えていくのです。
自分ではバイアグラがよいと思っていても、それ以外の薬が処方されることは多々あります。
バイアグラは即効性にも優れており、空腹状態のときは特に効きやすいです。
口コミでは服用から30分で効いたという意見も少なくありません。
すぐに効くとSEXのタイミングに合わせやすく、性欲が消えないうちにSEXを始めることができます。
男性の性欲には山があるので、性欲を感じたときにペニスを勃起状態に持ち込みたいものです。
シアリスは持続性においては圧倒的ですが、即効性はバイアグラには及びません。
マイルドな勃起力や持続時間よりも力強い勃起力が欲しいという方には、バイアグラが一番適していると言えます。
また、他のED治療薬に先駆けて安価な薬も登場し、カマグラゴールドはジェネリック医薬品で1錠1,000円程度で購入できるのも魅力です。
カマグラゴールドはバイアグラと同じ成分が配合されているので、同等の効果が期待されています。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルとは

バイアグラの有効成分シルデナフィルというのはPDE5阻害作用があります。
このPDE5というのはどういうもので、それを阻害する事でどうしてEDに対して有効であるのかを理解するには、どうして勃起をするのかを理解しておいた方が良いのでその説明をします。
まず、勃起というのは直接ペニスに刺激を与えたり視覚や聴覚などから鰓情報を元に性的な興奮を引き起こす必要があります。
そうする事で陰茎の海綿体の血管が拡張されてそこに大量の血液が流れ込み、その圧力で海綿体内の血流を遮る事で勃起状態を維持するようになります。
白いご飯を食べようとしている男性勃起状態は性的な興奮が収まると自然とおさまっていきますが、その際に関わっているのが最初に説明したPDE5という酵素の役割です。
勃起時にはcGMPと呼ばれる物質が生成されるのですが、それをPDE5の作用で分解します。
そうする事で拡張された血管が元に戻って勃起が収まるようになっているのです。
バイアグラがPDE5を阻害するという事は生成されたcGMPが消えにくくなり、それ故に勃起の持続時間を高める効果が期待できるのです。
EDというのは様々な要因でcGMPよりもPDE5の方が優位に立つために勃起しなかったり持続時間が短くなってしまうのです。
だからこそPDE5の働きを阻害するバイアグラはEDに対して有効な治療薬という訳です。
なお、バイアグラを服用する際にはシルデナフィルは食事の影響を受けやすいために食後にバイアグラを服用すると体に吸収されるのが阻害され十分な効果を発揮する事が出来なくなってしまいます。
そのためにバイアグラを服用する際には服用のタイミングと合わせて食事に対しても気を配る必要があります。

バイアグラは何処でお得に手に入る?

日本の健康保険ではバイアグラの様な勃起障害の治療に対しては保険が適用されないために薬を購入する際には全額自己負担となります。
そのために少しでも安く手に入れたいという人もいて、そういう人たちの間で人気なのがインターネットの通販サイトを利用したバイアグラジェネリックです。
バイアグラは医薬品であるために日本では病院で医師の診断を受けた上で処方してもらわなくてはならないために、そうした通販サイトで販売されている製品を購入するのは問題ないのかと心配する人もいます。
確かに日本で未承認のジェネリックを日本で販売している場合は問題となるのですが、そうした通販サイトでは個人輸入の代行業務を行っているのです。
自分自身で使用する目的で他人に譲渡や販売しないで輸入するのが個人輸入であり、それは一定の範囲内では認められている事です。
自分の見ているサイトが信用できるか不安に思っている男性直接日本で販売しているわけではなく、通販サイトでは海外の販売元との取引を代わりに行って日本の通販サイトと同じようにして買い物をする事が出来るようになっているのです。
だからこそ個人輸入の代行を行っている通販サイトでならば購入しても問題はないので安心です。
ただ、もしも利用する場合には注意しておいた方が良い事もあります。
まず、医薬品の取り扱いについては自分自身で気を付ける必要があり、使い方を誤ると危険な事もあるという事です。
日本では基本的にそうした判断は医師が行ったり説明してくれますが、通販ではそうした事は全て自己責任となります。
また、通販サイト自体の信頼性の問題となるのですが、海外の製品だと偽物が多く流通しているという問題もあり、購入しようとしている通販サイトが信用できるかどうかも気を付けるべきです。